« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

サトイモ掘りに「掘ったろう」

おとといサトイモ掘りをしましたが、今回は福井県の安養寺屋さんが製作した「掘ったろう」というてこの原理を利用したヒンジ付きのフォークを試してみました。

DSC01229

さくっと畝に刺して、可動部をてこの支点にして、柄を押し下げるとほとんど力もいらずにサトイモが盛り上がってきます。

DSC01231

サトイモだけでなく、ヤマイモ掘り、ウコン掘り、ヤーコン掘り、ジャガイモ掘りにも使いました。楽々のアイデア品です(=^-^=)。

安養寺屋さんのホームページ

 

ペレットストーブ・きりん君2と時計型薪ストーブ

小屋の前に前室を作ったので、薪ストーブを導入しました。

ひとつはホームセンターで数千円で安く売っている時計型薪ストーブ。煙突も設置しました。

DSC01225

高価な薪ストーブと違って、2次燃焼室がないので、燃焼効率が悪く薪もどんどん消費されていきます。ナラなどの薪ならまだましですが、森林組合でもらってきた杉の端材はあっという間に燃え尽きてしまいます。

DSC01228

もうひとつは、ユニフレームから出たきりん君2です。ペレットを燃料として、ペレット1kgで40分ほど燃えます。着火等も楽なので、予備で使っています。

DSC01219

天板は高温になるので料理ができ、またそれ用のフライパンも付属しています。真ん中の段を使えばピザなども焼けるちょっとしたオーブンになります。折りたたみ式で、専用の収納袋もついています。手軽に利用できますが、欠点はペレットが入手しにくいのと、ペレットが切れてくるともくもくと煙がでてくること、です。ペレットの扱いも楽で、平べったい着火材が2ついりますが着火も楽です。ペレットの残量だけ気をつけて後はほっておけばいいようです(^-^)

きりん君 さいかい産業

きりん君2 ユニフレーム

 

エビスグサ収穫と前室完成

ようやく、ハブ茶の材料となるエビスグサを収穫しました。

DSC01220

もうとっくに収穫の時期でしたが、最近しばらくは小屋の前に前室を作っていて、畑のほうはほったらかしになっていました。

DSC01222

茶色くなった鞘の中に小粒のチョコレート菓子様の粒がたくさん入っています。これを10g程度炒って、お茶にするとハブ茶となります。

で、下が、ここ1ヶ月必死に作っていた前室。テーブルとか棚とか、時計型薪ストーブ、バーベキューコンロ、木材を切るテーブルソーなど揃っていて、もっぱらここにいます。小屋のほうは物置です。足場パイプと波板で作りました。お昼ごはんはいつも炭火焼です(*^-^*)。

DSC01289

2008年11月 2日 (日)

鳴門金時・安納芋・紫芋の収穫と、イモヤケール

今日は、2歳の娘とサツマイモの芋掘りをしました。(娘はただ邪魔していただけ(-_-メ)。)

DSC01201

この雑草だらけの畝はサツマイモの畝で、ちゃんとつるも伸びています。埋もれてますけど。奥にいるのは娘ですが、芋を掘っているのではなく、鎌で地面をザクザク刺して遊んでいるだけ。

DSC01209

鳴門金時、パープルスイートロードという紫芋、安納芋という種子島の芋。安納芋は栽培が難しく収量も少ないそうです。上の写真は鳴門金時。

サツマイモの畝は、無肥料・無堆肥で作りました。サツマイモはやせた土地でも作れるとのことです。

刈った雑草とサツマイモのつるは、決して畝から持ち出さず、畝の上においておきます。

さぁ、収穫が終わったら、「イモヤケール2」の登場!!

DSC01151

これは犬山のキャンプ場さんが製造販売しているもので、下で火を焚いて、上に石を入れ、石焼芋を作る楽しいドラム缶です。→こちらを参照「アウトドア・ベース犬山 イモヤケール2

まだ使っていないので、また報告します。

 

 

 

 

あぐりんファーム便り 20081102号

最近はばたばたしていて、畑の管理がおろそかになっています(^_^;。

DSC01133

きれいに並んだ燕麦は播種機で蒔いたもの。ここは土から一方的に奪う畑で、肥料や堆肥を投入して敷き藁資材を製造します。工場みたいなところ。

DSC01135

ロメインレタス(コスレタス)、もう食べごろで、収穫となりました。お肉と一緒に炒めるとシャキシャキで最高です(*^-^*)。

DSC01136

今年初めて作ったコールラビ。日光種苗さんで苗を取り寄せました。緑色と紫色と2種類。調理は奥さんまかせ。

 

DSC01144

きらきらで宝石のような美しい葉のキャベツたち。でもまだまだです。

DSC01169

玉ねぎの植え付けをしました。今年は早生のもの、晩生で長期保存可能なもの、サラダ用の赤玉ねぎの3種。ビニールマルチはしない主義ですが、ここだけは別。苗が細く、しかも定植間隔が狭いので、雑草に埋もれるともうわけがわからなくなります・・・(-_-;。さりげなく?その上から雑草でマルチ。

 

DSC01215

こんなに大きくなってから、最後の大根の間引きをしました・・・。やろうやろうと思いつつ、だらだらとなってしまい。上の写真はそばの薬味用の辛味大根。今年種まきしたのは、①もちろん加賀太源助、②一般的な耐病総太り、③そば薬味用辛吉、④年越し用冬みね、⑤山田ねずみ、⑥中之条ねずみ、⑦練馬沢庵、⑧高級食材愛知の方領。

あと近いうちには、ヤマイモ、サトイモ、ヤーコン、ウコン、秋じゃがの収穫が待っています。

 

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »