« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月21日 (日)

薪割り革命!!ログマチック

今日から薪割りをはじめました。今回試したのは、フィンランド製の薪割り機「ログマチック」と、新潟のホンマ製作所の手動油圧式の「横割り君」。

DSC01373

スウェーデン製の原木保持器「スマートホルダー」。太いものはだめですが、中径以下の原木の玉切りに使います。チェーンソーが挟まることなく安全に切断することができます。太いものはそもそも持ち上げれませんので、積んであるその場で切ることになります。

DSC01376

チェーンソーはゼノアのハリチェーンが付いたもの。ハリチェーンは非常に便利で、使用中にチェーンが緩んでも、すぐに調整することができます。最近STHIL社のチェーンソーでも同様のものが出ているようです。

DSC01380

さぁ、玉切りができたら、フィンランド製「ログマチック」の登場(=^-^=)!垂直に立てて数回柄を振り下ろせばあれよあれよと割れていきます。e生活の種さんで購入。詳しい説明書がついてきます。

DSC01383

下にはブロックを引いて、スタンドでもらってきた軽自動車のタイヤを2個つなげ中に丸太を入れて固定されるようにします。初めてでも5分程度で割ることができました。

DSC01384

節で割りにくいものも、半分に割った後横にして割っていきます。

DSC01395

太い丸太にも挑戦。

DSC01396

無事割れました。

次に登場は、ホンマ製作所の「横割り君」。手動式の油圧薪割り機で10tのパワーで3万円程度と、高い能力ですがコストパフォーマンスに優れています。

DSC01392

太いものもガンガン割っていきます。90度回転させながら十字に割っていきます。これで半分に割ってからログマチックを使うと楽かもしれません。

DSC01399

1時間ほどでこのくらい割れました。慣れたらもっとできると思います

 

2008年12月20日 (土)

薪作りの準備

来年建てられる家には薪ストーブが導入されますので、そろそろ薪の準備を始めます。

DSC01336

木材屋さんからユニックで広葉樹の原木を運んでもらいます。4トンで4万円、送料込み。これから玉切りして、そして割っていきます。もちろん斧も準備していますが、それ以外に新潟のホンマさんが出している手動油圧式の薪割り機(能力10t)とフィンランド製の薪割り器も待機中です。

DSC01370

これは私の作製した薪小屋第1号(^-^)。まだ屋根がついてませんが、防腐処理された2×4材を使って作りました。2号、3号も、改良されながら引き続き作製予定です。

DSC01368

これは「薪おじさん」で購入した薪小屋。組み立て簡単ですが、自作品よりずっと高い上、半分以下の収納能力です。ここには桜の薪が入っています。桜の木はスモークチップにも使われていますので、薪で焚くととてもいい香りがするそうです。クリスマスやお正月など特別な日や来客時に使いたいと思っています。入手の難しい大事な薪です。

DSC01366

すぐ近くに森林組合があり、そこから端材がいくらでもタダでもらえます。丸太の端材と、コンテナにもたくさん入っています。ただし杉などの針葉樹なので、熱量は高いですが、火持ちが悪いです。クッキングストーブに使うといいかも。

DSC01337

木製パレットは近くのホームセンターで使えなくなった不用品をもらってきました。これを薪小屋の土台に使って作ってみるつもりです。

 

あぐりんファーム便り2008年12月号

 12月に入りますと畑仕事もあまりなくなってしまいます。ぼちぼち収穫しています。

DSC01357

これぞ「万歳白菜」ヽ(^-^)ノ!!。まったく結球する意思が感じられません・・・。この栽培は失敗?、いえいえ、来年の春にトウ立ちした菜の花を取って味噌汁に入れると最高においしいのです!

DSC01354

こちらは放っておいたら花が咲いてしまった茎ブロッコリー。いま花が咲く時期なのかよくわかりませんが、このまま放置して自然に種を落とさせ、来年自然発芽を待ちます。これぞ放任栽培(収穫できていないって(-_-;。 )

DSC01361

大根はちゃんと育っています。源助さんや辛味大根、愛知県の高級食材の方領などなど。

DSC01349

玉ねぎは苗が細いし、植え付け間隔も狭いので雑草に埋もれるとお手上げ。だからここだけはマルチがしてあります。

DSC01358

あぐりんファームでは雑草を生かした畑作りをしていますが、別の種を蒔いたりしてコントロールもします。いま増えているのはヘアリーベッチ。マット状に増えていって、そのまま枯れて敷き藁状になり、またアレロパシー効果で他の雑草を抑えます。一石二鳥な草です。

DSC01364

たわわに実っていたブルーベリー群も今はお休み中です。また来年が楽しみです。来年はもっと増やす予定です。

 

2008年12月 6日 (土)

ツタンカーメンのエンドウ 定植

 北陸の冬はほとんど晴れることがなく、じとじと雨や雪が降ったり止んだりします。太平洋側では冬は快晴の日が多いので、うらやましい限りです。

 先日はめずらしく雨が降らない日が3日ほど続いたので、ここぞとばかり少し土いじりをして、庭先の簡易園芸ハウスで育てていたエンドウの苗をやっと定植しました。

DSC01330

 植えたのは、スナップエンドウ、サヤエンドウ、ツタンカーメンのエンドウ。ツタンカーメンのエンドウはツタンカーメンの墓から出てきた豆が発芽して増えて流通しているとか・・・?熱を加えると赤くなり、豆ご飯にすると赤飯のようになるそうです。

 これで、今年度の土いじりはおそらく終了でしょう。天気が回復する春まで、畑はぼちぼち収穫して、あとは眺めているだけー(ToT)。太平洋側の人がうらやましー!!

 

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »