« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

名残惜しい夏野菜

ぐっと秋らしくなってきました。農作業をしていてもあまり汗をかきませんので、助かります。

でも夏野菜もまだまだ継続中!

カボチャを整理しようとしたけど、まだ残っていましたので継続。日本カボチャは初めてでしたが、粉が吹いたら収穫、と知らなくて、「あ、せっかくの実がうどんこ病だ。」と捨てていました・・・。

これは赤くなったピーマンではなく、サントリーのトマト、ルンゴです。

トマトは雨よけのおかげか、豊作でした。まだ採れますね。

これもサントリーのロッソロッソ。つやつやとして宝石のようです。

トマト、ナス、ピーマン、オクラなど、まだまだ片付けませんよ!

冬野菜苗の定植、ロマネスコに注目!!

今日は、購入しておいた冬野菜の苗を一気に植え付けました。選挙には・・・、行ってませんっ!!

まずはキャベツ。

極早生6株、早生10株、晩生10株、紫キャベツ4株。9月にコールラビが届く予定です。

ブロッコリーは12株、ステムブロッコリー4株、カリフラワーの白4株、オレンジ4株。

ブロッコリーは最初、engei.netでカットパックの苗を頼んでいたのですが、届いた苗がヨレヨレで、虫食いだらけ、その虫もくっついていて、使い物にならない状態でした。それは破棄してホームセンターでポット苗を買い直しました。やはりカットパックはどうしても苗がひょろひょろですね。買ったポット苗は苗も大きくしっかりしていました。

そして注目すべきは・・・、

ロマネスコ。ブロッコリーの仲間で、海外では「もっとも美しい」とされているとか。花蕾がフラクタル形状をしています。先日、金沢のレストランに行ったとき、料理の中に入っていました。ブロッコリよりもおいしいと思いました。

ハクサイは、早生10株、あとは加賀白菜と愛知白菜が自宅で播種して、現在育苗中です。

作付けはもちろん不耕起で、ホーラーで穴を掘り、バーク堆肥と少量のぼかし肥を入れて、すくった土をそのままの形で崩さず戻します。その上に苗を定植し、枯れ草をマルチとして被せておきます。

苗の定植は、あとはその白菜とセルで育苗中のコスレタス・シュンギクなど数種です。9月に入ったら、ダイコン、ホウレンソウの種まきになります。

2009年8月23日 (日)

夏の終わり、秋作の準備

長い梅雨が続いて、夏作は散々でした・・・。畑の造成をして最初でしたのであまりできないだろう、と思っていましたが、思った以上にできませんでした。全体的に成長が遅いです。

梅雨が明けて、さぁ、と思ったら、もう秋風が・・・。

あぐりんファームではひまわりが全開で、夏気分です。

トマトは雨よけ栽培をしたので、とてもたくさん採れました。奥さんがせっせとトマトソースを作ってくれています。

でもまだ夏が名残惜しいので、秋作用にキュウリとナスを定植しました。

静岡の増田採種場さんから、頼んでおいたプチヴェールが届きました。4株、定植。奥は同じく増田採種場さんのケールです。増田採種場さんから届く苗は、とてもしっかりして良い苗です。

秋作第1弾として、ジャガイモの植え付け。品種はデジマ、アンデスレッド。定番ですね。キュウリとズッキーニを作っていた畝は雑草で埋もれており、草刈り機で地際を刈り取り、雑草マルチとしています。畝はそのまま不耕起で、ホーラーで10㎝程度の植え穴を30㎝おきに作り、ジャガイモの種芋を置いて、ホーラーですくった土を戻しておきます。施肥もしませんから、あっという間に作業が終わります。

これは不耕起栽培の植え付けでよく使う、サンエーの開閉型ホーラーです。

9月に入ったら、ダイコン・カブ・ホウレンソウの種まき、キャベツ・白菜などの植え付け、ニンニクやラッキョウの植え付けが始まります。それが終われば、冬野菜作業も一段落で、その後、薪割り、園内の土木作業などにとりかかります。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »