« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

あぐりんファーム便り2009年11月③号 朝鮮人参、加賀一本太ネギ

今日は、まず大量のウコンを収穫しました。

秋ウコンと春ウコン、収穫は一緒。

きれいな根茎がたくさん!

ウコンは収穫したら、スライスして乾燥。その後、ミルサーで粉に。ちょっとずつお湯に溶かしてハチミツ混ぜて飲用します。

タキイ種苗から朝鮮人参の根茎が届きました。去年のは植え付けが遅れてカビが生えてしまい、植え付けたものの発芽しませんでした。

本物の人みたいで、ちょっと・・・。植えた場所をスイカ棒で目印。

加賀一本太ネギもだいぶん大きくなりました。

春まで少しずつ収穫していきます。

エンドウの、越冬のためのワラを使った風よけ防寒。これだと風になびいてしまうので、もう一工夫必要そうです。

2009年11月15日 (日)

キャベツを1つの株から2度採る。

収穫したキャベツの根本を残しておき、脇芽からもう一度キャベツを採ろう、というその経過です。

どんどん大きくなっています。数えると7個くらいのミニキャベツが・・・!!追肥もしていませんし、特に虫食いもありませんね。

でかい芽キャベツの様にもみえますが、この後、結球するのでしょうか?

あぐりんファーム便り2009年11月②号 加賀白菜と源助大根

だいぶん寒くなってきて、作業室は薪ストーブをたき始めました。

キャベツは立派に育っていますが、食べる方が追いついていません。

料理の苦手な妻は、収穫物をうまくこなすことができません。いつも腐る寸前まで冷蔵庫に放置しており、せっかくの新鮮さが生かされません。

消費されないため収穫ができず、ブロッコリーははやばやとお花畑になりました。

加賀白菜と愛知白菜は結球が進んでいますが、収穫にはまだです。

打木源助大根をはじめとする各種大根もだいぶん太くなってきました。

今日、源助大根は間引き以来の初収穫となりました。妻にはぶり大根に向いている、と伝えてありますが、理解しているかどうか定かではありません・・・。

ほうれん草は一般に出回っているものは西洋ほうれん草ですが、私の畑では日本ほうれん草とちぢみほうれん草を育てています。特にこのちぢみほうれん草は、雪の下で越冬するので、葉っぱに糖分を蓄え、味の濃いほうれん草となります。

まったく季節はずれですが、いまだにトマトを採っています。旬でないので、全然おいしくありません・・・。

畑の整理をしていると、あちこちにカマキリの卵を見つけます。来年いろんな害虫を食べてくれる頼もしい味方なので、見つけたらそのままそっと置いておきます。子どもの頃、こんなものを見つけたら大興奮でしたが、息子が小学生くらいになったら、喜ぶんだろうなー・・・。

2009年11月 8日 (日)

アロエの冬越し屋根

アロエは一番大きい品種のアロエベラを5株育てていますが、昨年は寒さに凍り、全滅。春に買い直してまた植えました。

今度は凍らせないぞ、と心に誓い、寒さよけの屋根を作りました。

透明の波板と木材を使って製作。両端には杭を。温室みたいなものでしょうか。

中にはワラをたっぷりオフトン代わりに。

もっと厳寒期には前後を板で塞ごうと思っています。これで今年は冬を越せるかな?

怒濤の植え付け、56株!!

注文しておいた植木や苗がたくさん届いたので、今日は朝からずっとひたすら植え付け作業をしました。

まず、お隣さんとの境目付近にプリペットを10株。ここにはやぶきた茶が植えてあったので、これをいったん抜いて、南側の水はけの良い畝に移動。このやぶきた茶が12株。

昨年、ラベンダーをたくさん植えたところは、半年放置して雑草に埋もれほぼ全滅・・・。懲りずに再び長崎ラベンダーを12株入手。植え付けました。もう雑草には埋もれさすまい、と誓う。

畝立てしたけど、結局あまり使わなかった所を、クレマチス柵に変更。柵は材料が足りず、途中まで。ここと他にも柵を作り、合計10種類のクレマチスを植え付け。今日植えた中でのお気に入りは、「柿生」「ダッチェス・オブ・エジンバラ」「マダム・ジュリア・レコボン」「篭口」。旧枝咲き、新旧両枝咲き、新枝咲きに分けて植え付けました。新枝咲きの柵は冬に何もなくなってしまうので、ちょっと寂しいかも。他には立ち性クレマチスの「ヘンダーソニー」6株。

植木の植え付け。これはエゴノキ、2.6メートル。その向こうにトウカエデ1.8メートルも。

ほかには、ブルーベリーの欠株補充で、チャンドラーとスパルタンのノーザンハイブッシュ2株。ブラックベリーとラズベリーを交配させたポイセンベリー2株。

途中で疲れてフラフラになりながらも、最後はタマネギの定植。まず「もみじ3号」は50株。4月下旬収穫で、翌年4月まで貯蔵可能という超ロング貯蔵可能な品種です。次に「ネオアース」は30株。6月上旬収穫で、翌年3月まで貯蔵可能。最後に「湘南レッド」は湘南の暴走族の名前・・・、ではなくてサラダ向けの赤タマネギ。20株。6月中旬から収穫。日持ちしません。

12月から1月はバラ苗の植え付けです。それまでは一段落ですので物置小屋を建てる予定です。

あぐりんファーム便り2009年11月号

今日祝日は午後遅くから畑に出向き、大根の間引きなどいくつか作業しました。

早生キャベツ、早生ハクサイ、ブロッコリーと茎ブロッコリーを収穫。

加賀白菜と愛知白菜は順調に成育中。少し結球し始めています。

先日収穫したキャベツは茎だけ畑に残していましたが、そこから脇芽が出ています。7個も(^_^)。小さめのキャベツ(芽キャベツ?)が採れるはずです。

大根は2本立ちになっていたので、間引きして1本立ちに。間引いた大きめの大根はお家へ。上左から時計回りに愛知の高級大根「方領」、「山田ねずみ」、「中之条ねずみ」、「辛吉」、「源助大根」。辛味大根はそばの薬味に。

曲がっているのが特徴の方領は高級大根、とのこと。大根に高級なんてあるのか、と思ったけど、楽しみです。

飛騨の紅かぶ。高山に住んでいた頃が懐かしく思われます。

今日は最後にタマネギの床を作りました。不耕起・叢生栽培が私のモットーですが、タマネギとラッキョウだけは別!!。苗がひょろ長くて株間が狭いので、雑草に埋もれたら最後、わけがわからなくなります。ですから、信条を曲げて、表面を軽く耕起、マルチを張ります。こればっかりはしょうがないと思っていますが、畑の中でここだけものすごい浮いています・・・。

もうすぐ、ウコン・ヤーコンの収穫、続いて秋ジャガイモの収穫、エンドウの定植になります。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »