« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

キットハウスでセルフビルド 3ヶ月ぶりに再開!!

今年は大雪で、キットハウスの作業は完全にストップ。年末から実に3ヶ月ぶりに作業を開始しました。

休みを取っていたのですが、一人では思ったほど進まず。高所に怯えながら、ルーフィングとシングル張りと、屋根が2/3程終わりました。

詳しく知りたい人はHPへ→www.agrin-life.com

親和木材工業のHPは→http://www.shinwa-m.com/

2010年3月22日 (月)

植木・バラの植え付け

今日は朝から作業小屋の電気移設工事があったので、私も早くファームに出かけました。

薪の整理が一段落したので、今日は久しぶりにたまっていた植付作業をしました。

今日植え付けたバラは15株、移植したのは3株。

これはパピデルバール。ツルバラで、オレンジ色に咲くフレンチローズ。

こちらは一番好きなバラ、スノーグース。やや小さめのアヒルのしっぽのようなバラがポンポン咲きで楽しめます。スノーグースはファームでは3株目!!

庭木の植え付けは、一つはナナカマド。先日作った薪小屋の脇に植え付け。樹高が3メートル以上あります。

庭木はいつもネットオークションで、信州の業者さんから買います。その辺のお店で買うよりも大きくて安いです。樹形もいろいろ選べます。

もう一つは、オウゴンケヤキ。樹高は2メートルほど。これは堆肥箱の脇に。単木が好きです。

2010年3月21日 (日)

薪小屋、増築

大きく作ったつもりの薪小屋が、もういっぱいになってしまいそうなので、取り急ぎ増築しました・・・。

昨年割った4トン分と先日切った8トン分でもういっぱい。

せっかくの通路も、ブロック薪とほとんど物置に・・・。

敷地の一番奥の方に、1列の薪棚追加。廃パレットを半分に切って、両脇に杭を打って、垂木で屋根を付けた簡単なもの。ここもすでにいっぱいに・・・。

さらに、薪小屋本体の横に、もう一個、2列のものを追加。今日、雨風の中、半日で製作。廃パレットに2×4材を付け足して、垂木で屋根を付けました。ここには、今年の冬に使う、砺波で買ってくるコナラの薪で充填予定。

さらに1~2個、計画中。

詳しく知りたい人はHPへ→www.agrin-life.com

山小屋な家づくり、いよいよ着工!

山小屋な家づくりは、冬が終わりいよいよ着工です。

工務店の若い方が水盛り遣り方をされていきました。

地盤改良の工事が今週から始まります。先だって、重機が搬入されました。

いよいよ、って感じですねー・・・。

詳しく知りたい人はHPへ→www.agrin-life.com

2010年3月12日 (金)

8トン原木玉切り、ほぼ完了

山小屋な家づくりの基礎がまもなく始まりますが、それに先だって8トンの原木をせっせと玉切りしています。

連日雨の日も、雪の日も、せっせとチェンソーをふるって・・・、

山がちょっとずつ小さくなり・・・、

ほぼなくなりました!!

新しく買ったハスクバーナー排気量50ccのチェーンソーがフル稼働。どんな太い原木もガンガン切っていきます。さすがプロ用。

細い原木は束にして・・・、

一網打尽!!

エンジン運搬車を使って、一度に一輪車何台分も運びます。

新しく作った薪小屋も満杯になりつつあります。

薪小屋の中には物置も設置。

昨年割った薪が避けてあるのでそれを入れたら満杯でしょう。また新しく薪置き場を設置しないといけません。

2010年3月 6日 (土)

山小屋な家づくり、地鎮祭

山小屋な木の家づくりはまもなくスタート。今日は地鎮祭を執り行いました。

寒くて小雨が降る、あいにくの天気でした。

別の工務店で1年前にも地鎮祭をしたのですが、工務店が変わったので再度仕切り直しです。

地鎮祭は地面を掘ったりするので、神様がビックリしないようにお知らせをする、という目的のようです。やらなくてもいい、というひともいます。実家は地鎮祭をしなかったそうですが、主が大けがをしたり、家族が家の前で車にはねられたり、私自身も大病したり、あまりいいことがありませんでした。だから、気持ちだけでもやった方がいいと思います・・・。

薪の原木が片付いたら、地盤改良工事からいよいよスタートです!!

薪作り、ひたすら玉切り・・・

薪小屋も一段落して、家の着工に向けて、8トンの原木をこれから10日以内に片付けないといけません。今日は地鎮祭も終わりました。

3~4本ずつ、地面に置いた4本の杉の丸太に乗せて、買ったばかりのハスクバーナのチェーンソーでどんどん玉切りしていきます。バカ棒を使わなくても、ガイドバーの長さが45センチなので、それを目安に長さを揃えていきます。

節のあるところ(枝分かれしているところ)は、そこだけ短く切って、ブロック薪として乾燥させて使います。切ったものは収穫用のコンテナか、ネット袋に入れて薪と一緒に乾燥させます。

細い原木は、ちまちま切るのは面倒なので、杭を6本立てて、束にしてまとめて上から下へ一気にチェーンソーで切ります。

できたばかりの薪小屋に、玉切りしたものを納めて行きます。

結構腰に来ます!!玉切りにしても、その運搬にしても、かがんでするので腰が痛くなります。明日も1日玉切り・・・。

キャベツを1つの株から2度採る、その後

キャベツは収穫した株の茎を残しておくと、もう一回キャベツができる、と言う話の続きです。

しばらく雪に埋もれていましたが、解けたら結構大きくなっていました。でもまだミニキャベツにも至らない大きさです。これは春キャベツになるんでしょうね・・・?。

冬の間に収穫したキャベツの株も、脇芽が出てきています。

過程を詳しく知りたい人はHPへ→www.agrin-life.com

2010年3月 5日 (金)

2×4材の薪小屋製作、ひとまず完成!!

薪小屋完成!!、ではないですが、とりあえずこのままでもOK,、というところで一段落です。

ポリカ屋根全て張って、両側面に横板を張り(本当はあと2枚ずつ)、本体は終了です。

野ざらしになっていた玉切り原木を収納。45㎝薪が2列で収納できます。

本体と本体の間の通路にはテラコッタタイルを敷きました。奥には第2段階として、1列の奥行き450㎜、幅900㎜の薪棚と物置を設置する予定です。

横には廃パレットを使った端材入れを作る予定です。

さぁ、明日から新築工事着工までの10日間で、8トンの原木を全て玉切りして収納!!

過程を詳しく知りたい人はHPへ→www.agrin-life.com

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »