« 叢生栽培の畑・あぐりんファーム便り2010年7月号その2 | トップページ | 山小屋な家づくり、セルフ外壁塗装 »

2010年7月21日 (水)

地下足袋、デビュー!と畑用地下足袋ガイド

地下足袋、デビューしました。

ずっと長靴でしたが、もう足が暑いのなんのって・・・。

ホームセンター・ムサシには数種類の地下足袋が売られていましたが、調べていかなかったのでいまいちその違いがわからず、適当に2種類買ってみました。

「12枚入り」とか「5枚入り」とか書かれていて、「そんなにいっぱい入っているのか?軍手みたいに使い捨てなのか・・・?」と箱を空けてみても1足しか入っておらず。どうもコハゼという留め金具の数らしい。

地下足袋といえば、「力王」らしく、売り場の中から、「力王ファイター12枚」と「実用5枚」をなんとなくチョイス。

モンベルの5本指ソックスに力王ファイター12枚を履いてみました。妻が見たら「土方だ」と笑うだろうが、履き心地は初めての感触で妙だ。地面の感触が伝わり、土の柔らかさを実感。軽快で、フットワークが良くなった感じ。そして何よりも暑くない!!蒸れない!!靴や長靴とは異次元の履き心地でした。

私の右足には「種子骨」という小さな骨の出っ張りがあり、長靴の中で擦れて痛くなるので厚手のソックスを履かないといけません。夏は当然、冬でも足が蒸れて、夏など立っているのがしんどくなるくらいです。エーグルとスノーピークの長靴がお気に入りでしたが、地下足袋を試したら雨の日以外はもう長靴に戻れないかも!

あとで調べてみると、畑作業向きの製品がわかりました。

力王のラインナップで畑向きなのは、貼付たびの「軽快地下足袋」と「実用地下足袋」。ぬかるむ場合は足先にコーティングがしてある「実用」が良いようです。土が入らないように、コハゼの数は10枚か12枚が良いと思います。ズボンのすそを入れるなら12枚でしょうね。ただ履くのに時間がかかります・・・。面倒なら「ファスナーたび」がありますが、底が縫い付けタイプなので、防水性に劣ります。足先の保護が心配なら、「現場大王」ですが、やはりこちらも縫い付けタイプです。普通の靴下が履ける先丸タイプは園芸用として勧められていますが、地面を踏みしめる感覚に欠けるのではないでしょうか。マジックテープで留めるタイプもあり、便利ですけどね。参考にしてください。

ちなみに地下足袋を履いて砂利の上を歩くと、「足つぼマッサージ」になって気持ちいいです。

« 叢生栽培の畑・あぐりんファーム便り2010年7月号その2 | トップページ | 山小屋な家づくり、セルフ外壁塗装 »

コメント

地下足袋!前から欲しくて気になってましたので、大変参考になりました!買ってみようかな〜。
話は変わりますが、先日、「たねの森」さんの声かけで、金沢市内で種の交換会がありました。私も末席に参加させていただいたのですが、とても勉強になりました。
もしかしたら、イイチロさんもいらっしゃるかな〜と思ってましたが。「たねの森」さんはご利用じゃなかったかな?勝手なイメージを抱いてすみません。ともかく、遠くからも色んな方々が集まって、とてもいい感じでした。珍しい種もゲット出来てよかったので、お薦めです。
夏野菜、私の菜園よりは遥かに立派でさすがです。また更新を楽しみにしています♪

ルリビタキさん、コメントありがとうございます。地下足袋、安いし(1500円くらい)楽しいので是非試してみてください。5本指ソックスもお忘れ無く!
「たねの森」は知っていましたが、全国でやっているのですね。いまのところ自家採種はしていませんが、自家採種の方がその土地に合ったより良いより強い苗になると聞いているので、在来種・固定種を積極的に導入して(特に加賀野菜)挑戦してみたいと思っています。
ルリビタキさんのブログにもおじゃましますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下足袋、デビュー!と畑用地下足袋ガイド:

« 叢生栽培の畑・あぐりんファーム便り2010年7月号その2 | トップページ | 山小屋な家づくり、セルフ外壁塗装 »