« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月11日 (月)

イングリッシュコテージをセルフビルド~構造材の準備と図面

だいぶん暑い日が続きますが、小屋のセルフビルドは土台が完成して、いまだにひと休み中です。

7月の予定は構造材の加工だけですので、いまは暇をみてホームセンターに頻繁に通って材料を仕入れています。

いま準備しているのは壁と屋根の構造材です。2×4の6ft(1820mm)を90本、構造用合板が32枚。

屋根の垂木となる2×6の8ft(2440mm)が24本。とりあえずはこれだけ。10ft(3048mm)以上の長さのものは後日まとめて買ってくる予定です。

たいてい金沢のムサシで買いますが、品質にバラつきがあり、欠けているものや割れているものが結構あります。異常に軽い物もたまにあり、強度が心配なので避けて、1本1本選んで買います。いちいちバーコードシールが貼ってあるのも邪魔です。カーマだと品質が良く、たいていどれを取ってもきれいですが、射水の一番大きいカーマ21でも8ftが売っていません。

CADで作った図面です。南側に出入口と窓。屋根の勾配は5寸(2行って1上がる勾配)。切り妻壁はアクリル板を貼る予定です。ドアは自作予定。

横から見た参考図。

窓はトステムのすべり出し窓とはめ殺しの自作ステンド風窓を併用します。

切り妻壁はCADでサイズを計算して材料を切り出しますが、斜め切りばっかりなので難しいところです。ここにアクリル板を張って採光を取ります。

屋根の片面を真正面から見た図。外壁から出っ張る部分ははしご状にして強度を稼いでいます。

来月から施工で、8月は屋根の骨組みまで完成予定です。

初夏のあぐりんファーム

初夏のあぐりんファームは、どんどん草が伸びてきて、油断すると作物が埋もれてしまいそうです。

ブルーベリーがそろそろ食べごろで、子供たちがつまんでいます。

山芋の袋栽培は今のところこれでいいようです。つるがよく茂っています。

かぼちゃは2種類。

ひとつは加賀野菜の打木赤皮甘栗南瓜。

もうひとつは京野菜の鹿ヶ谷カボチャ。ちょっとそれっぽい形が出てきました。

地這いのスイカは完全に出遅れ。行灯をたてた後、ずっと放置していましたから。

まだこんなちっちゃいの。お盆明けにキャンプに出かけるので、その前に収穫したいところですが・・・。間に合わないかもしれません。

オクラは5歳の娘が楽しみにしているので、雑草に埋もれないように(埋もれそうだけど)気をつけています。さやができても急に大きくならないように3本立ちにしています。さらに採り遅れても硬くなりにくいように島オクラを選んでいます。

ヤーコン。だいぶん大きくなりましたよ。

とうもろこしは去年強風で倒れてしまったので、今年は支柱を立てて支えました。本当は多少揺れたほうが受粉には有利ですから園芸支柱よりもトンネル用のしなるポールの方がいいと思います。

小玉すいかは今年も棚栽培です。管理が楽です。地這い同様、こちらも出遅れていますが、

いくつか出来ていて、お盆前に食べられそうです。

沖縄のモーウィ(赤毛瓜)。茶色くなったら収穫。2年前に作ってみて、意外と美味しかったので今年再挑戦です。妻に聞いたら完全に忘れて思い出せない状態でした・・・。

トマトはやっぱり雨よけ栽培。

大玉~中玉トマトはまだこれから赤くなるところ。

ミニトマトは赤くなる先から子供たちが夕方のおやつに食べてしまいます。

足元には勝手にエビスグサが生えてきています。移植して別のところで栽培する予定。意外と大きくなりますから(1mくらい)。

ナスとピーマンの畝。2列。

ジャガイモ畝は放っておいたら雑草に埋もれ消滅?今年はちゃんとやろうと、耕起して土寄せもしたのに・・・。でもジャガイモの自然栽培の秘策を思いつきました。

取り残して放っておいたジャガイモは雑草化して、掘ると大きいのが出てきます。ですから今年植えたジャガイモは放置しておき、来年春に勝手に生えてきたのを掘ればたくさん採れる、ハズです!!?

サツマイモ畝。今年も安納芋と紫イモ。でもネズミに齧られてしまうんですよね。

子どもとウサギが(?)楽しみにしているサトウキビ、5株。分けつして結構大きくなって、秋も深まった頃、収穫です。

ミョウガがいっぱい。

今年最も力を入れているネットメロン栽培。軒下で厳重に管理。朝6時の人工授粉完了!!

少しネットっぽいのが出てきているのも。

カゴのベッドに入れて吊るし、大事に管理しています。

小さいのもたくさん出来ていますが、1株から子ヅル2本伸ばし、それぞれに1個づつ実を付ける予定です。だいたい十数節目の孫ツルに着果するようにしています。

普通の緑のネットメロンと赤肉の2種類。楽しみにしています。

2011年7月 2日 (土)

イングリッシュコテージをセルフビルド~基礎土台完成

4坪(8畳)のセルフビルド小屋の基礎土台が完成しました。重労働でしたので、出来てやれやれ、です。

今回の基礎にはボイド管を使いましたが、モルタルが固まった後、意外と簡単に外れました。

ディスクグラインダーでカット。

ペロンとめくれて、モルタルケーキの出来上がりです。ボイド管はもうゴミですが、まとめて燃やしてしまいました。

周りをコンクリートで固めて、

覆土してメインの土台は完成です。これだけでは不安なので、

その間にもう6ヶ所、束柱を追加。ここは根太と大引を支えることが目的なので、浅く掘って砂利を入れ、空モルタルを敷いて、羽付き沓石を置き、束柱を垂直に立てました。

独立基礎の基礎石にはメリハリをつけて、メイン9ヶ所、サブ6ヶ所となっています。

強度十分、水平・垂直・直角OK!!これで基礎土台の完成です!!

既存の小屋との間に、雨水タンクを設置する予定です。雨樋はこれから取り付けますが、農具とか洗った際にしたが水浸しになると困るので、暗渠を設置しました。雨水タンクの下から溝を掘っていき、小屋の下は避けるため2回曲がって進みます。

小屋同士の間をまっすぐ進みます。掘った溝には砂利を入れていきます。

水はけの良い場所で終点です。水勾配ができるように、徐々に深く掘っていきます。試しに水を流してみましたが、よく流れていきます。これで雨水タンク下の水はけも解決です。

7月の予定は、設計図を完成させ、2×4材をたくさん買ってきて、構造材の加工を進めていきます。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »