« サツマイモ、芋掘り | トップページ | 焚き火とバーベキューを楽しむ、新しいファイヤープレイス »

2011年10月16日 (日)

晩秋のお仕事その2、米ぬかの散布

あぐりんファームでは、雪が降るまえに畑に米ぬかを散布します。

ファームの畑は、生えている雑草や刈った雑草がすべての土表面を覆っている状態です。

米ぬかは近くのコイン精米所でもらってきます。今回はたっぷりあって、40リットルの園芸用土が入っていた袋で10袋ゲットしました。

去年の余った米ぬかも5袋あり、でも固まってしまうのでほぐして使います。ネズミか何かが袋に穴を開けたりするので、入手したらすぐに散布したほうがいいですね。

生えている雑草や残渣の上から米ぬかをたっぷりふりかけます。冬の間、雪の下でその残渣と米ぬかがじっくりと発酵し、翌春には丁度よい塩梅となっているはずです。

米ぬかが手に入らなかったときは、安い鶏糞を使います。

« サツマイモ、芋掘り | トップページ | 焚き火とバーベキューを楽しむ、新しいファイヤープレイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋のお仕事その2、米ぬかの散布:

« サツマイモ、芋掘り | トップページ | 焚き火とバーベキューを楽しむ、新しいファイヤープレイス »