« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011年冬のあぐりんファーム

先日、どっさり雪が降りましたが、いまは一段落。去年程でなければいいけど。

大晦日も近い今日は晴天で、気持ちのいい1日でした。子供たちもずっと外で遊んでいました。

コーギーのトトちゃんも、こんな雪の積もった日は大好きで、ファーム内元気に走り回ります。

外に出すと、まず猛ダッシュで飛び出します。Uターンして戻ってきて、また猛ダッシュを繰り返します。

新雪の所は私目掛けてひたすらラッセル。いい運動になって助かりますね。

まだ生後1年に満たないので、本当に元気です。

さて、バラ園は寒肥を施す暇もなく、縄で束ねることもできずそのまま雪に埋もれました。

やぶきた茶の木はかろうじて防寒しましたけど。

完成したばかりの小屋も雪の帽子。左の小屋は屋根が波板なので雪が滑り落ちて、建物に荷重がかかりません。

ブランコは撤収。

住まいの南側は全てビニールカーテンで覆いました。

軒下は快適になりました。これで強風や吹雪でも安心です。

壁沿いに積んだ薪も濡れずに済みます。

突き出た薪ストーブの煙突が冬空に映えます。薪ストーブ1台で、ほんとうに暖かい冬を過ごしています。子供たちも私も、素足で、たまに半袖だったりします。

畑は完全に雪に埋もれてしまいましたが、あらかじめ白菜とキャベツと大根の場所に支柱を立ててあるので、どこを掘れば収穫できるか、一目瞭然です。

ここは桜の木が10本1列に植えてあります。

園内のどの木もそうですが、しっかりと芽が付いていて、ひたすら春に芽吹く準備をしています。

ここは植えたばかりのリンゴの木、2本。しっかり管理して、食べられるリンゴを収穫したいです。

4トン分の原木が待機中。冬の間にチェーンソーで玉切して、薪割りを楽しみます。だいたい4トン~6トン薪を使います。

2年乾燥させますから、現在今年使う薪と来年使う薪が10トンほど薪小屋にストックされています。

薪小屋には薪がぎっしり詰まっています。

火のある暮らしを経験すると、もうそれなしでは過ごすことができません。エアコンは暖かい空気が出るだけで、からだは温まりません。ファンヒーターはあの無神経に出てくる熱風が気に入りません。薪ストーブは遠赤外線効果でからだの芯まで温まり、木の床はまるで床暖房でも入っているかのような暖かさになります。

前庭では焚き火も楽しみます。焚き火をするとその前で炎を見つめボーッとしてしまいます。子供たちも寄ってきます。

練炭コンロも暖かいし、6時間も持ちます。やかんをかけるとあっという間に沸騰します。木工室にこもって作業ときは、木工室にある小型薪ストーブをつけますが、庭仕事で出たり入ったりするときは、練炭コンロを最近よく使います。CO中毒には気を付けないといけませんが。点火してからの最初の1時間は屋外に置いておかなければいけません。

娘がピアノを習い始めたので、妻の実家のピアノをいただくことになりました。それでリビングの棚+パソコン机を大移動大改造することになり、年末年始は棚と机作りにいそしむつもりです。

2011年12月11日 (日)

イングリッシュコテージをセルフビルド~窓とドアの装飾、そして完成!!

セルフビルドの小屋作り、最後は色々と細かい装飾です。

窓枠に装飾板を付けて外壁との隙間・不揃いを隠します。

大きい窓も同様。四方を囲みます。一部斜めに切ってデザインとしました。窓はこれでようやく完全に完成。

ドアの内側にはドアベルを。真鍮製で開閉の度に大変澄んだいい音がします。

アイアンのドアあおり止め。

園芸ハサミの形をした、ドアノッカー。全てノーザンライツさんでネット購入。

ドアクローザーの設置に挑戦。問題なく出来ました。ドアがゆっくり閉まります。開けるのがちょっと重くなりました。開閉スピードの設定を速くすれば軽くなるのかもしれません。

玄関灯は設置済み。

入り口と反対側にフクロウのオーナメントを。

室内床はオイルを塗りました。

オレンジピールの良い香りが漂います。

そして最後は「agrin farm」のアイアンアルファベットで決めました!!

子供たちと記念撮影。

雰囲気最高で、満足の仕上がりです。

6月の12日からスタートしましたから、ちょうど半年で完成です。誰の力も借りず(電気工事以外)全く一人で施工しましたから、とても苦労したことも多かったですが、いまとなってはそんなことも忘れてしまいましたね。だけど「もう1回作れ」と言われたら、「無理!!」と答えるかもしれません・・・。

実労日数不明、費用不明(20万くらい??、電気工事除く)。

本体はこれで終わりましたが、来月から室内に棚を作ったり、テーブルを作ったり春までに色々と手を加えていきます。

しばらくはのんびり暮らそう・・・。

今年初の積雪

昨夜は大荒れの天気でしたが、翌朝ファーム一帯雪が積もっていました。

朝8時ごろ、2階から。うっすらと積雪し、医王山方面を望むと低いところに雲がかかってとてもきれいでした。

いまファームでは少しずつ雪囲い等しています。ここはお茶の木で、ここだけはしっかりネットでくるんでいます。

順次、植木やバラなど、枝折れを防ぐために縄でしばっていきます。今年の残りの仕事は庭の雪対策とバラの施肥、クズの防除剤(ケイピンエース)処理くらいでしょうか。

イングリッシュコテージをセルフビルド~電気工事完了

セルフビルドの小屋建築はいよいよ大詰め。母屋の建築の際にお世話になった電気屋さんにお願いして、電気を通してもらいました。

やっぱり電気が通るとホッとしますね。

室内の照明は昭和レトロなガラスの傘の電球ペンダントライト。LEDや省エネ電球では味気ないので、クリアガラスの電球です。ネットで購入。

玄関ドア横にはヨーロッパ街灯風の壁付き照明を。

明るくなりました。

ついでに買ったフクロウの振り子時計。

さぁ、いよいよフィニッシュへ!!

2011年12月 1日 (木)

イングリッシュコテージをセルフビルド~建具(ドア・窓)の製作 その4 と、パイン無垢の床貼り

建具の大物、ドアの製作と取り付けです。

ドアは2×6材を接ぎ合わせて製作済み。

ドア穴の加工をします。

2度塗りでしっかり塗装します。

ドアノブを取り付けます。真鍮が良い感じです!!

ドアの取り付けの前に、床貼りです。東京丸文で一束(一坪分)で6800円、これを4束。

どんどん床貼りしてきます。

最後1列だけは足りなくなって、端材を並べて済ませました。これで床の完成。本当は土足ですが、きれいでもったいないので完全に完成するまでは土禁で。

ドアも付きました。簡単に言っていますが、かなり大変ですよ!!まず一発では入らず、電気かんなで上面と側面を何度か削って、ドア自体かなり重いですから、必死の思いで蝶番をつけてなんとか付きました。一人で付けるときは、床に数ミリの板を敷いてつけるといいですよ。ここでは3mmのアクリル板の端材を敷いていました。

本当にいい雰囲気になっています。

さぁ、完成間近。後は戸当り、ドアクローザー、装飾板です。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »