« 初秋のあぐりんファームと冬野菜の準備 | トップページ | BE-PAL絆キャンプ2012 書類到着! »

2012年9月29日 (土)

ブドウ棚のセルフビルド、枕木施工と桟木取り付け

5月にスタートしたぶどう棚の製作は、雪が降るまでに出来ればいいか、くらいのゆるーいペースで進んでいます。

実際にブドウ苗を植えるのは来春が一番安全なので、急ぐ必要はないのです。

本体が建ち上がったので、次は保管に場所を取っていた枕木を地面に施工です。7月に施行しました。

耕運機で地面を耕起し土を柔らかくしてから土をどかして、枕木を置いていきます。枕木は昨年に能登の方から、のと鉄道に使われていた廃枕木を1本1,000円で20本ほどもらって来ました。

枕木の隙間にはあぐりんファームでは定番の固まる砂を入れます。

水をかけるだけで簡単に雑草防止の舗装ができるので、よく使います。ムサシで売っている業務用のが、量と値段で良いようです。

枕木の表面は、そのうち固まる砂が取れてくるので、綺麗に木が現れるはずです。

で、7月下旬から2ヶ月放置。暑すぎて作業できず、ようやく9月後半から作業再開。

まわりの土が露出していたところに芝を張ります。そのままだとカラスがすぐにめくってしまうので、ネットを被せます。

地面は2ヶ月も経つと、良い感じになってきました。

波板を留めるための桟木を取り付けます。ここでは45mm角の垂木を使いました。

あとは雪が降るまでに透明のポリカ波板を張ります。先に両脇に壁として、薪を積む枠を設置するつもりです。

« 初秋のあぐりんファームと冬野菜の準備 | トップページ | BE-PAL絆キャンプ2012 書類到着! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58074/55777294

この記事へのトラックバック一覧です: ブドウ棚のセルフビルド、枕木施工と桟木取り付け:

« 初秋のあぐりんファームと冬野菜の準備 | トップページ | BE-PAL絆キャンプ2012 書類到着! »