« そろそろ薪ストーブの季節、煙突掃除 | トップページ | 薪用の細い原木はまとめてカット、のまとめてカット台。(アスレチックじゃないよ。) »

2013年11月 4日 (月)

工房小屋の増築セルフビルド 外壁下地

さて、いよいよ工房小屋の増築も外壁へと取り掛かります。

外壁下地には構造用針葉樹合板を用いて、ホームセンターでついでにカットしてもらいます。大きいので、家で切るとちょっと大変なのです。

細かい加工は家でします。これは薪ストーブのメガネ石の窓と構造材の105角分カットしたもの。

張り付けて、ビスで止めていきます。構造的にこれで相当強くなったはずです。強度計算はできませんが・・・。

これは南壁。仮止めの状態で、裏から鉛筆で窓分印をつけて、外してカットします。

小屋とのこんな狭い隙間も、なんとか手を伸ばして取り付け完了。

防水透湿シートはタイベック。ロールで買いますので、余った分はソロテントのグランドシートとしてカットして使います。ウルトラライトのトレッキング行では、このタイベックがグラウンドシートとして人気だそうです。確かに薄くて軽くていいですね。

さぁ、ここまで来れば、雨でも安心です。

さて、増設小屋本体からはみ出た斜め部分。ここは棚を作って隙間を埋めることにしました。

小屋本体とは斜めですので、棚の柱も電気カンナで合わせて斜めにカット。

合板を側面背面に取り付けて、

棚板を付けました。ここの横には食器棚が来るので、お昼ごはん関係(食器・カトラリー・食品・炭)で棚が埋まってしまいました。工房と関係ないものばっかり・・・。

実際にここは現在、休日の私と子供たちのお昼ごはんの場所になっています。私はもっぱら七輪で焼き肉。

天井は低いので、頭をぶつけないように、工事用の柱を守るためのカバーを買ってきて取り付けました。慢性硬膜下血腫予防ですね!何度も痛い思いから助けられました。

12月にはホンマの時計型薪ストーブを導入予定ですが、今のところアラジンのブルーフレームヒーターと、

メーカーは、日本なんとかのランプ型ストーブ。正式名称は忘れました。たしかイカ釣り漁船のランプを作っているメーカーでした。

暗くなるといい雰囲気ですよ。これら2つのストーブは大学1年生の時に購入したものですから、もうかれこれ20年以上経っています。大学1年でこんなものを買った自分、えらい!!ほめてあげたい。

時計も設置。これは地元高岡のメーカー、タカタレムノスの時計。先日ロングセラーで賞をとったというニュースを北日本新聞で見て、買いました。赤い秒針がいいですね。

ちょっと一息ついてファームの冬支度を済ませて、その後外壁を下見板張りで張っていきます。

« そろそろ薪ストーブの季節、煙突掃除 | トップページ | 薪用の細い原木はまとめてカット、のまとめてカット台。(アスレチックじゃないよ。) »

コメント

こんばんは、kazumaです(◎´∀`)ノ

小屋作り早いですね。
僕の方が完成早いかと思いましたが、負けそうです。

それにしても立派な工房が出来そうですね
僕も工房小屋作ったのですが、小さくて使い勝手が
悪いです。
一応、建築基準や税金の関係でこのサイズにしましたが。(;ω;)約9平米です。

KAZUMAさん、コメントありがとうございます。
小屋作りは、畑や庭の冬支度に追われ現在ストップしております・・・。

KAZUMAさんのブログもちょくちょく拝見させていただいております。似た人がいるもんだなーと、関心しています。木工の腕は、KAZUMAさんの足元にもおよびませんが・・・。

私の地域は建築確認が必要ない所なのですが、届けは必要なようです。が、全く何もしていません・・・。名古屋の実家でも増築とみなされる部分があったようですが、40年そのままでなにも問題ありませんでした。が、今年売却の際、違法建築と問題になり、売却前にその部分を取り壊し事なきを得ました。

これから寒くなり作業が億劫になりますが、がんばりましょう!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工房小屋の増築セルフビルド 外壁下地:

« そろそろ薪ストーブの季節、煙突掃除 | トップページ | 薪用の細い原木はまとめてカット、のまとめてカット台。(アスレチックじゃないよ。) »