« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

コーギー犬・トトの外用犬小屋製作

うちのコーギー犬・トトは平日はずっと家の土間に設置してあるゲージ内におりますが、

休みの日は勝手口外の屋根付きスペースにいます。そこには特に犬小屋はなく、ヨガマットの上で寝そべって過ごしています。

寒い時期にもなりますから、外用の犬小屋を作りました。

不要な端材で作りました。床・屋根・壁は合板で、柱はツーバイ材で作り、屋根は施工が楽な片流れとしました。

トトが違和感なく入れるように、室内で使用しているバリケンと同じサイズとしました。また外の様子が見えるように、窓を開けています。

後壁の上は、夏に取り外して風通しが良くなるようにしてあります。

トトのいつもの定位置に設置。

さらに!

ここは薪を運ぶ通路ですので、一輪車が通るには邪魔です。

そこでこの犬小屋の後ろ側に同じ高さでキャスターを設置。犬小屋の前を持ち上げるとキャスターが効いてコロコロ楽に運べます。

嫌がらず入っています。

指差して「おうち」と言うとスッと入ってくれます。

2015年12月28日 (月)

さらに!薪棚増築。

先日、新しく入手した西側の土地に、

薪棚や原木置き場、薪割りスペースを作りましたが、

幅5.4m、3列構造の薪棚はもう一杯に・・・。

新しい薪を置くスペースがありません。

いま薪ストーブで薪をどんどん消費しているので、随時薪棚は空いてきますが、薪棚をさらに増設することにしました。

場所はぶどう棚の北側。

基本ブロックとモルタルで簡単な独立基礎を作り、不要になった9センチ角材で土台と柱を作ります。垂木はツーバイ材で。

どこも突き合わせ、90mmコーススレッド斜め打ちですが、ツーバイ材で挟んで補強しておきます。

45mm松角材で屋根下地とし、

たくさん余っていた3尺のポリカ波板をリサイクルします。前の穴が開いているので、コーキング剤で穴埋めしておきます。

筋交いと横に板を張ります。薪の量が少なかったり空だと、積雪時は前に倒れてしまうので、冬の間だけ取り外しできる支えを設置しておきます。

これで完成です。

農作業用小屋の薪棚も空になりましたので、同様に支えを設置しました。夏は草刈りの邪魔になりますので、ボルトで取り外せるようにしてあります。

さぁ、これでガンガン薪割りできます!

2015年12月20日 (日)

大根とネギの収穫~保存方法

年内暖冬との予報でしたが、ようやく少しだけ積雪となりました。

すぐ溶けて無くなりそうです。

しかし、大根とネギを収穫しないと大根は凍結して、ネギは雪で潰されてダメになってしまうので急いで収穫です。

大根は全て抜いて、葉の部分を根本から切り落とし、

畑の片隅、母屋からアクセスの良い所に深さ40センチほどで穴を掘ります。

大根は上下さかさまにして突っ込んで、上から土と落ち葉をかけておきます。

パワーショベルで溝を掘って作ったネギは、かなり長く成長し、大きなネギになりました。これもすべて抜いて、

米袋に立てて収納。

暗くて湿気のあるところにそのまま置いて保存しておきます。これで春までもつそうです。

奥さんは言っても一向に畑に出向こうとしませんが、イモ類など収穫して保管してあるものは料理に使うので今後「保管できる作物」がメインになりそうです・・・。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »