« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

野芝の播種後2ヶ月、ドローン練習場。

ドローン練習場を作るべく、4月に西側の空いている土地に野芝の種を蒔きました。

その西側の土地、入手前は、

なんだかよくわからない木が何本か生えていて、草もボーボー、どうなっているのかよくわからない状況でした。もともと畑だったらしいですが。

それをミニユンボで抜根し畝やら溝やらを平らにならして、草刈りも綺麗に済ませました。

これが、1年前の話です。

買ったものの、特に使いみちもなく、草刈りだけしていましたが、今年の4月にようやく念願のドローンを手に入れ、ラジコンの世界に入りました。

4月にこの場所をドローン練習場にするべく、まず耕起し、野芝の種を蒔き、ミニユンボで鎮圧。

しかしその後、一向に芽が出ず・・・。

野芝の種は高かったのに~、と半泣きでしたが・・・、

ふと気が付くと、あれ?芝生??

上の画像は短く刈り込んだあとですが、刈り込む前はもっとフサフサでした。

これ、野芝の芝生なんでしょうか?

うーん・・・、芝生ということにしておきましょう!!

で、ドローン練習場が整いました。

奥の耕作放棄地も入れて、結構広いです。奥の樹木まで200mくらいかな。

耕作放棄地に落ちると取りに行くのが大変です・・・。

.

最近飛ばしているのは、

相変わらずNineEagles社のGalaxyVisitor8。

安定していてとても飛ばしやすい機種です。

Visitor6は制御が安定しすぎていて、車で言うとオートマのよう。操作する楽しみがなくなり最近は娘用です。

こちらはレース用ですが、XKのAirDancer。ブラシレスモーターでものすごいスピードが出ます。油断するとあっというまに遠くの方まで行ってしまい、焦ります。

ヘリもしていて、これは同じくXKのK100。初心者向けの可変ピッチ機で、6Gと3Dが切り替えできます。6Gで超安定し、最近はドローンよりもヘリのほうが楽しいです。

これはWL ToysのV911とV912。V911は固定ピッチで初心者の練習に最高。散々このV911で練習して、自由に操れるようになったので卒業し、K100に進級しました。

練習場までのドローンの運搬に、「おかもち」!!(笑)

香林坊の閉店したうどん屋さんのものがネットオークションに出ていたので、これはちょうどいい、と入手。

うどんの出汁のいい匂いが・・・。

お店は無くなっても、このおかもちは活用させていただいています!

.

秋以降にアマチュア無線の免許を取得し、局を開設して、ドローンのFPVに挑戦するつもりです。(FPVとはfirst person's viewで、モニターのついたゴーグルを装着して、ドローンのカメラから見た映像で飛行させることです。法律で無線局の開設が必要となります。)

2016年6月19日 (日)

北陸キャンピングカーフェスティバルへ

キャンピングカーは憧れますね。

以前は、何があってもキャンプはテント!!と思っていましたが、子供もできて、考え方も柔軟になったというか、いろんなシチュエーションも考えられるようになり、キャンピングカーの購入に向けていろいろ検討中です。

目標はローンの頭金×5、貯まったらGOサインです。

.

北陸ではキャンピングカーの展示会は年に1度だけ「北陸キャンピングカーフェスティバル」が行われ、昨日参加してきました。

入ってすぐ、airstreamのどでかいキャンピングトレーラーが・・・。

車体はどでかいですが、肝心のキャンピングカー部分が、狭い・・・。

なんだこれ??

こちらは憧れの「アンセイエ」。

見た目も、ありがちのあれではなく、アメリカンな感じが最高。

室内も驚くほど広く、ヘッドクリアランスよく開放感抜群です。

でも、まだ、見てるだけー・・・。

こちらは本命のナッツ・リークII。

やはり買うとすればこういうバンコンタイプですね。

普段も乗るし。

これのいいところは、

・座席が対面式、前向いて座れる。

・常設ベッドがある。

・荷物が沢山入る。

よく横向きに座るタイプがありますが、長距離移動ではどうなんだろう、と思います。やはり前後に向いて座りたいですよね。

常設ベッドは、いちいち座席を倒したりしてベッドメイクするのは大変、常設ならすぐゴロンと横になれます。

車中泊の時もあるし、テント泊の時もある。だから収納が広いのは必須です。

.

本命の第1位はトイファクトリーのバーデンですが、北陸には出店しないとのこと・・・。残念。

今年はケイワークスも出店されておらず、なんかちょっと寂しい感じでしたね。

.

5年以内が目標です・・・。

イノシシ対策に、アニマルフェンスの設置

去年からうちの近所で大暴れのイノシシですが・・・、

今年はもう2度、畑に来ているようです。

そこで、防獣ネットを張ることにしました。

.

電気柵と迷ったのですが、

・設置したい場所の地面のすぐ外側がコンクリート

・ぐるっと四方を囲むことができない

という理由で、電気柵は諦めました。

地面がコンクリートだと、イノシシの鼻が電気柵に触れても通電しないようです。

トタンを敷く、という方法はあるようですが。

用意したのは金属製のアニマルフェンス。

20mで1万円ほど。

2箇所支柱を擁壁にくっつけるために、コンクリートネジで固定します。そのため支柱に穴を開けました。

こんな感じで固定。

強度は大丈夫そうです。

擁壁にそって2箇所。

あとは隣との境目に支柱を打ち込んで、ネットを引っ掛けていきます。

ネットを引っ掛けると言っても、ロープのネットではなく金属製なので結構重く、意外と苦戦しました。

まず20m分、完成。

残りは、

角でいったん90度曲がり、その先、

結構な下り斜面が待っています。

ここをどうするか・・・、です。

途中で立っていられないくらいの斜面ですが、イノシシにとっては余裕かなー??

.

まずは作業のため仮設階段を作る予定です。

2016年6月11日 (土)

ソロキャンプ用トイレットペーパーホルダーの自作

まもなく能登一周ソロツーリングに出掛けますが・・・、

ティッシュペーパーを持って行くべきか、トイレットペーパーを持って行くべきか、いつも一瞬迷って、結局トイレットペーパーを持って行きます。

登山される方でしたら、当然の事と思いますが、携帯性と多用途で、こちらに軍配が上がります。ゴミを少なくするために、芯は予め取り除きますね。

山でのキジ撃ち時(笑)は当然のこととして、水は貴重ですから食後の皿を拭いたり、鼻をかんだり、いろいろ使えます。

バイクツーリングではキジ撃ちはしませんし、キャンプ場で水はいくらでも出ますが、ソロキャンプではトイレットペーパーを持って行きます。

が、実際に使うときはちょっと面倒なのです。

ティッシュのように「シュッ!」とは取れません。

取り方には、「外側から取る」派と、「芯の方から取る」派がいらっしゃると思います。

外側から取る場合は、いったんロールを手に持ち、クルクルと手に巻きつけるように取ると思います

芯の方から取る場合は、引っ張るだけでいいのですが、

・・・、こうなります。

ねじれて細長くなり、大変使いづらい状態となります。

いずれにしても、ティッシュのように簡単には取れないわけです。

.

そこで!!

トイレットペーパーホルダーを自作しました。

ナイロンロープにトイレットペーパーの幅分に切ったストローを通し、

両端はループを作り針金を巻きつけて固定、テープで保護し、カラビナに取り付けます。

別に小間結びでもいいんですけど。

ペーパーを通して完成!

テントの前室でしたらフレームに、テント室内でしたら天井のループに、カラビナを引っ掛けて吊るします。

欠点は、なんかトイレっぽくなること・・・。

芯を抜いて潰れていてもストローのおかけで問題なく使えますが、やっぱり芯を残しておいたほうがスムーズに回ります。

.

今度実戦投入します。

2016年6月 8日 (水)

梅雨入り前のあぐりんファーム

九州の方などもう梅雨入りしたようですが、北陸はまだです。

GW前に怪我した膝も大分良くなり、徐々に庭仕事も始めています。

.

この冬、壊れてしまったのは隣家との境界にあるラティスとその支柱。

支柱が根本からフェンスブロックのところで折れてしまいました。

このブロックの穴、再度使えないかなー・・・?

で、灯油を入れて残りの支柱を燃やすことに。

・・・。

焦げただけであまり燃えず・・・。

ノミでコツコツ削りますか・・・。

.

ここに設置しているラティスですが、よく壊れます。

そもそもラティスってそんな簡単に壊れてしまうものなのでしょうか??

近所のラティスを見てみても、そんな壊れていないような。

ラティスに使われている細長い板は、タッカー(ホッチキスのようなもの)で留められています。

ただ裏側はまっすぐ刺さっているだけなので、横からの衝撃にはあっさりと外れてしまうのです。

横からの衝撃といえば・・・、

お隣のお子さん達は庭でいつもサッカーをしていますね・・・。

で、2年前にそのラティスの一部に板をガードとして付けました。

するとここだけは目立った破損は以降生じていません。

.

さて、ファームは、

ちょうど植え付け直前にケガをしたため、寂しい状況となっています。

キュウリと、

トマト、

ナス2株とピーマン1株だけ。

かろうじて植え付けできました。

じゃがいもはケガする前だったので、多めに植えてあり、もうすぐ収穫です。

農作業が後手後手になっていて、通勤途中のよその畑をみて、「あっ、あれ植えるの忘れてた。」みたいな感じで、里芋は芽出し苗を買ってきて植えました。

トウモロコシと、

オクラは、今日ようやく種蒔き。

.

果樹は、

リンゴが楽しみ。

ピンポン玉くらいのがたくさんなっていて、もう袋掛けします。

ブルーベリーはいいかげんようやく初めてネットがけしました。

毎年ほとんど鳥に食べられていましたから。

子どもたちが好きなので、楽しみです。

ソロツーリングに向けて、バイクにUSB電源とエアホーク設置

今月末に能登へ1年に1度のソロツーリングに出掛けますが、ツーリング仕様にちょこっとバイクを変更しました。

.

まずシート。

最初のツーリングでは、もうおしりが痛くて痛くてどうしようもなかったので、ゲルザブというゲルの入っているシートを買いました。

楽にはなりましたが、2時間が限界。

そこで!

エアーホークというシートを装着しました。

これはエアーがセル状に入り、おしりにかかる力が分散され、痛くならないようです。

これは期待です!

ひとつ疑問が。雨や夜露で濡れたらどうなるのだろう、ということ。

防水には特別なっていないような・・・?

.

もう一つは、

USB電源を設置しました。

これでiphoneのグーグルマップをカーナビ代わりに、バッテリーを気にせず利用できます。

バイクの電気系なんて、まったく知識なかったのですが、ネットで調べながらなんとかキーと連動して設置できました。

ホーンも壊れていたので、ネットオークションで入手し交換。

で、そのホーンの回線から分岐させてUSBのプラス極を接続。

マイナス極(アース)はコードを延長させてバッテリーへ。

配線コネクターやヒートシュリンクチューブなど、初めての連続でしたが、無事キーのオンオフで、iphoneが連動できました。

ただし、ホーンを鳴らすとiphoneへの電圧が下がるようで、鳴らした時だけ充電が一瞬切れますね。

.

着々と準備してます。

2016年6月 4日 (土)

能登ソロツーリング前の、医王山ツーリング

毎年この時期に、バイクでソロツーリングに出掛けます。

今年も、能登です。

この時期は、山の方に行くとまだ寒いし、能登は近いけど旅情があり、旅している感に浸れますので最適です。能登の入り口まで30分もかからないんですけどね。

バイクは古いセロー225。

バイクはあくまで旅行の手段であり、乗っても特別楽しいとも思わないので、普段乗ることはほとんどありません。

いきなり本番はちょっと不安なので、医王山までテストツーリングに行ってきました。

304号線を進んで、医王山方面へ。

二俣町で県道にぶつかったら、いつも行く医王ダムと反対方面に進み、すぐ脇道へ。

林道田ノ島2号線というようですが、どんどん標高を上げていきます。

大分遥か彼方の景色が見られるようになります。

林道の終点に到着すると、医王山スポーツセンター付近にでます。

このT字路にはビダルコーヒーというログハウスの珈琲店があります。

水素コーヒーというのが売りのようですが、詳しくは下記参照。

ビダルコーヒー

今日は胃の調子がいまいちだったのでパス。

医王山周辺の地図。(クリックで拡大)

そこから医王の里オートキャンプ場を通過し、まずは西尾平休憩所に。

この辺に来ると、もう寒くなってきてます・・・。

白兀山(しらはげやま)の横を通って、いよいよ目的地の夕霧峠へ。

到着!

寒い・・・。

長袖とジャケットも着てますけど。

そういえば少し風邪気味でもありました。

しかし、眺めは最高です。

片方は金沢港や日本海を望み、

もう一方は砺波平野の散村を望みます。

帰りはそのまま国見ヒュッテと医王山国見キャンプ場の横を通過し、

南砺の日帰り温泉施設「ぬく森の郷」に出て帰宅です。

11時前に出発し、13時には帰りましたから、2時間のツーリングでした。

.

ゲルザブを敷いていても、おしりがやっぱり痛いので、エアホークという空気式のシートに変更します。

さらに、スマホのナビのためにUSB電源を設置しているところです。電気系をいじるのは初めてなので、ネットで調べながらやっています。

.

1泊目に予定していた、「輪島エコロジーキャンプ場」を予約電話したところ、バイク一人では、「輪島の袖ヶ浜のほうがいいよ」とやんわり断られ、ちょっと出鼻をくじかれた感じです・・・。平日だし、一人のために営業するのはもったいない、ってことですかねー。袖ヶ浜は去年行ったので、めげずに今度はその近くの皆月青少年旅行村にトライします。ここは輪島市の運営なので、大丈夫でしょう。

2016年6月 2日 (木)

畑の草刈りに、カセットガス式草刈機。

畑の畝間の雑草刈りに、手軽なカセットガス式の自走草刈機を使っています。

オーレックのSH40G。オーレックの中で最弱モデルとなります。

昨年、ネットオークションで新品に近いものを、半額ほどで入手しました。

ちょっと使ってみた時、かなり貧弱なパワーであちゃーな感じでしたが、畑のこまめな手入れにはちょうどいいようです。

刈り幅が40cmなので、狭い畝間も入っていけます。

春から夏は柔らかい草が多いので、無理なくいけます。

やっぱり自走式の草刈機は楽ですね。

雑草に埋もれかけていたナスの苗も、

草刈機で両サイドは綺麗に刈り込まれ、

株間はこのマキタのバッテリーバリカンで綺麗に仕上げます。

これ、畑の管理に大変便利ですよ。

さて、ガスはこの黄色いシールが貼ってある蓋を外し、

カセットガスを差し込むだけです。1本で1時間ほど行けるそうです。

.

問題は、秋から生える硬いイネ科の雑草ですね。

今年もヤツがやってきた、イノシシが!

今年もヤツがやってきました・・・。

ヤツとは、そうです。イノシシです。

一見平穏な畑。

よく見ると、草をかぶせたところがほじられています。

これは足あとでしょうか。たぬきのようなサイズではありません。

うちの畑は擁壁で囲まれていますが、この奥の斜面から上がってきたようです。

その斜面を上がったところに、LEDのイノシシ避けライトが夜間点滅していますが、もう効果はないようです。

西側のドローン練習場。ここも一見平和のようですが、

すぐ横の柿の木の下はイノシシの通った跡が。

そして、そのすぐ横は放置された田んぼですが、

イノシシのお風呂が作られていました・・・。あちゃ~。

手前から、お風呂、ドローン練習場、一段上がってサブの畑、更に上がってメインの畑と母屋です。

一昨日、夜中になんか騒がしいような、気がしていたんですよね。

こいつは番犬、のはずですが、その晩全く吠えず。

怖くて知らんぷりしていたのか、まったく気づかず寝ていたのか。

吠えてくれればイノシシも逃げ出したかもしれませんが・・・。

まぁ普段から、宅急便のお兄さんが荷物を置いていこうが、ガス検針のおばさんが入ってこようが、プロパンガスを転がしてくるおじさんが来ようが、まったく吠えませんけどね。

.

なにかイノシシに一泡吹かせることはできないかなー。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »